初めてのヘルシンキ – 私のおススメ
Yumi Matsumoto 1月 19, 2016

フィンランドに到着して、空港から一歩外に出たときに感じる、さわやかな空気の感じには、なんとも素敵なものがある。私は旅行でヘルシンキを訪れているわけではないけれど、旅でこの地を訪れる人も、同じようにそのさわやかな空気を感じて、自分が住んでいる場所とは少し、あるいは、かなり違った場所に到着したことを認識するのではないだろうか。そんな感覚を大切にしながら楽しんでほしいヘルシンキを初めて訪れる友達に、私が個人的に勧める場所を書き出してみた。もちろん、ヘルシンキで見るべきもの、体験してみるものはこれだけではないのだが、短い滞在でもぜひ見て帰って欲しい場所がこの3つだ。

tempeliaukio_yumi

 

テンペリアウキオ教会

岩の教会として知られているこの教会は、ヘルシンキで、もっともユニークで、必見場所ではないかと思う。ヘルシンキで、もしたった1つの場所しか見に行くことができないという観光客がいたら、絶対にこの場所だと思っている。大きな岩を文字通りくり抜いて造った教会。実際に見てみないことには、感覚がつかめないくらいユニークな場所、そして美しい建築なのだ。また、この教会で開催される様々なコンサートは、岩の教会の独特の雰囲気と音響効果でとても素敵だと思う。岩の教会の中から受ける印象は、天気によって、だいぶ変わる。晴れて空の美しい日には、ガラス越しに真っ青な空が見える。最近では、教会内にいつも音楽が流れていて、ゆっくり座って、この独特の教会の雰囲気を楽しむことができる。歩き疲れがちな旅の休憩にもよい感じ。

Suomenlinna summer

 

suomenlinna-001

 

スオメンリンナ島

ユネスコ世界遺産に登録されている要塞の島、スオメンリンナは、どんなガイドブックにもパンフレットにも間違いなく載っている。でも、なにより、街の中心からフェリーに乗って、たった15分で世界遺産の島にたどり着けるという感覚を味わって欲しくて、見どころを聞かれたら必ず挙げている場所の1つである。ちなみに、ヘルシンキには330の島があって、アクセスも簡単だったりする。夏は、地元の人にならって芝生にならんでピクニック。冬は、氷の張った海をフェリーで行く感覚がとても特別。そして雪に覆われた美しい自然も(寒いけれど)フレッシュで美しい。菜の花の咲く春や紅葉の季節も、島を歩くには素敵なシーズンだ。ところで、この島には、なんと日本のお茶室があって、時々オープンハウスが行われている。

hietalahden kauppahalli

 

ヒエタラハティ・カウッパハッリ

フィンランド語でカウッパハッリというマーケットホール。ヘルシンキには3か所あり、それぞれに特徴がある。家から歩いて一番近くにあって、最近、食に関するお店が充実したヒエタラハティ・カウッパハッリが、私の最近のお気に入り。現在、このカウッパハッリには、様々なレストランが入っていて、水曜日から土曜日は、夜22時までオープンしている。なんともおいしいピザ(現在私の中ではヘルシンキのピザランキング1位!)、ボリュームたっぷりで味わいのある肉屋さんのハンバーガーから、フィンランドのコーヒーチェーンと言えば、ここ、ロバーツコーヒーまで、好きなものを選んで、古いマーケットホールの雰囲気の中で楽しく食べたり飲んだり、おしゃべりできる場所である。

営業時間:月–火 8–18時、水-土 8–22時

 

ヘルシンキは、とてもコンパクトでシンプルな街。訪れる人には、私のおススメが参考になればと思うと同時に、ぜひ自分のペースで、歩いたり、トラムやバス、地下鉄を使って、お気に入りを見つけてほしいと思う。