大人のラグジュアリーホテル「リラ・ロバーツ」、 アールヌーヴォー空間で楽しむダイニング「クルッグ・ロバ」
Guest Blogger 1月 20, 2016
写真提供:Lilla Roberts
ルクスタイプの客室。Photo:Lilla Roberts

近ごろ、プライベートな雰囲気のブティックホテルやラグジュアリーホテルが相次いでオープンしているヘルシンキ。2015年8月にオープンしたばかりの「リラ・ロバーツ(Lilla Roberts」もその一つです。場所は、繁華街のエスプラナディ通りから徒歩で少し南に入った広場、カサルミトリ(Kasarmitori)近く。周囲を歴史的建造物や洒落たブティックに囲まれた、デザイン・ディストリクトの一角にあります。

Photos: Lilla Roberts
Photos: Lilla Roberts
Lilla Roberts 3
Photos: Lilla Roberts

発電所からホテルへ
ホテルは、20世紀初頭に市の発電所とその事務所として建てられた2つの建物からできています。この建物はその後も最近まで警察署として使用されるなど、ヘルシンキの街と長く歴史を共にしてきました。
特にカサルミトリに面した印象的なファサードの建物部分は、フィンランドを代表するアールヌーヴォーの建築家、セリム・リンドクヴィスト(Selim Lindqvist)が設計し、1909年に完成したもの。
国内外のホテル・レストラン空間を幅広く手掛けている旬のインテリア・アーキテクト、ヤーッコ・プロ(Jaakko Puro)の手により、歴史が伝える面影を大切に残しながら、ヘルシンキの最先端を行くラグジュアリーホテルとして生まれ変わりました。

ヘルシンキで2番目に古いエレベーター。 使用することはできませんが、今も館内に残されています。
ヘルシンキで2番目に古いエレベーター。
使用することはできませんが、今も館内に残されています。

 

世界の要人も宿泊
客室は計130室。コンフォート、スタイル、ルクス、スウィートと4タイプのお部屋があり、スタイルの一部、ルクス、スウィートにはバスタブも完備しています。
また、スタイル以上のクラスでは、18時から21時の間にベッド回りを整えてくれる「ターンダウン」のサービスが受けられるのも、ラグジュアリーホテルならではの贅沢さでしょう。
最大で130m2まで拡張可能のスウィートルームには、この10月にフィンランドを訪れたジルマ・ルセフブラジル大統領も宿泊したそう。開業からわずか数か月にもかかわらず、早くも世界のエグゼクティブの注目を集めているようです。

コンフォートタイプの客室。Photo: Lilla Roberts
コンフォートタイプの客室。Photo: Lilla Roberts

 

アメニティはニールズヤード・レメディーズ
アメニティはニールズヤード・レメディーズ

 

2人掛けソファが入って、ぐっと広くなるスタイル。
2人掛けソファが入って、ぐっと広くなるスタイル。

 

「アフリカ」をテーマにコーディネートされたスウィート。Photo: Lilla Roberts
「アフリカ」をテーマにコーディネートされたスウィート。Photo: Lilla Roberts

 

スウィートのダイニングテーブルからは広場が望めます。Photo: Lilla Roberts
スウィートのダイニングテーブルからは広場が望めます。Photo: Lilla Roberts

 

「クルッグ・ロバ」で朝食を

滞在中の朝食は1階の「クルッグ・ロバ(Krog Roba)」で。もちろん、ホテルに滞在していなくても、ランチ、ディナー、週末のブランチなど、誰でも自由にお食事やドリンクを楽しむことができます。
どことなく異国情緒が漂うインターナショナルな雰囲気、そして何よりも広々としたスペースは、ヘルシンキのレストランシーンではある種貴重な存在かもしれません。
コンクリートにレースを押し当てて模様を出したという壁面など、凝ったディテールにも注目です。

 

Photo: Lilla Roberts
Photo: Lilla Roberts

 

makiko4

makiko5

 

メニューは北欧各地の食材をふんだんに使ったノルディック・キュイジーヌ。
その中でも、我らがヘルシンキ発のメニューとして紹介されていたのが「コケモモのパルフェとアーモンドケーキのソルティキャラメルソース」でした。

 

makiko6

 

さまざまな食感のスウィーツのバランスが心地よい、贅沢な気分になれる一品。青いフレッシュコーンフラワー(矢車草)が目にも鮮やかです。
ちなみに、コーンフラワーはフィンランド語で「ルイスクッカ(ruiskukka)」といいます。
もちろん、食べても大丈夫。効能あるハーブだそうですよ。

 

Photo: Lilla Roberts
Photo: Lilla Roberts

 

 

Info:
Lilla Roberts / Restaurant Krog Roba
Pieni Roobertinkatu 1-3, 00130 Helsinki
http://www.lillaroberts.com/en/

 

寄稿者:ロミ マキコ(Makiko Lommi)